ブログ

足関節捻挫 早めの処置で競技復帰も早くなります!

カテゴリ: 外傷の施術


足関節捻挫の患者様 土曜日曜施術 中川区 はやかわ接骨院

先日の土曜の夜、バレーボールの試合中に足首を捻挫してしまった患者様がお見えになりました。

ケガ自体はお昼前に負ってしまったのですが、我慢して夕方までチームを応援していたとのことで、腫れは生じていました。年齢は18歳、外くるぶし成長軟骨部周囲を含め外側靭帯部に圧痛。

エコー画像で確認したところ、画像上成長軟骨部分の状態は良く、以前同症状時に見た足指先までに至る腫れが無いことから土曜日曜は当院で経過観察。

損傷靭帯の回復を早めるために微弱電流治療器の通電を十分に行い、腫れの消退を早めるため超音波治療器を低頻度発振にて使用。
圧迫固定はギプス使用も考えましたが、受傷からの8時間経過でこれ以上の腫れは出にくいと考え、テープ固定。

間近に迫った公式戦には残念ながら間に合いませんでしたが、部活引退試合には出場することが出来ました。
こういったケースは、土曜・日曜に施術をしていてよかったとおもえる部分です。

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka
 

オーダーメイドスポーツインソール 導入サポートしました!

カテゴリ: その他

はやかわ接骨院は、2020年ボクシング スーパーフェザー級中日本新人王 花田太一選手のオーダーインソール導入サポートを致しました。

現役世界チャンピオンを含む多くのトップボクサーや、テニス・野球などアスリートに認められた性能を、見て・触れて・体験して頂けるよう、はやかわ接骨院ではサンプルやカタログのご用意をしています。

導入ご希望の方には、専門スタッフによる三次元データ測定のため日程のコーディネイトを行なっています。

興味を持たれた方、体験してみたい方は、お気軽にはやかわ接骨院にご連絡ください!

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka

患者様からご評価を頂きました!

カテゴリ: 日々の出来事

備え付けのアンケート用紙に、患者様からご評価を頂きました。

ありがとうございます!

クチコミサイトやグーグルで頂くご評価もとても嬉しいですし、こうして手間とお時間を頂いて紙に書いて頂けるご評価も、とても嬉しいです!

これからも患者様のお役に立てる接骨院であり続けるよう、頑張ってまいります!

はやかわ接骨院、まん延防止等重点措置下での施術につきまして。

カテゴリ: その他

8月8日より、愛知県は再度、まん延防止等重点措置対象地域となりました。
はやかわ接骨院では通常時も緊急事態宣言下とかわらず最大限の予防措置を継続しております。

はやかわ接骨院では、院内の空間ウイルス対策に安全性の高い安定化二酸化塩素を使用しています。

また、予約施療にて患者様の集中を避け、法で義務付けられた換気装置にて常時換気を行うことで、密集・密閉状態とならないよう対策を行っています。

患者様施術に際してはマスクの着用、手指・施術器具・施術ベッドの洗浄消毒を患者様ごとに徹底することで接触リスクへの対策を行っています。

患者様が手を触れる扉のノブ部分や引き戸部分などは抗ウイルス処置を行い、適宜アルコール消毒を実施しています。

従業員の体調管理・検温を強化しています。

上記対策を引き続き徹底したうえで、施療の受付け・ご予約を行っています。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

はやかわ接骨院
TEL:052-369-1850
LINE ID:@380satka

テニスでのサーブ動作痛の患者様 中川区 はやかわ接骨院

カテゴリ: 外傷の施術

先日、テニスのサーブ動作での痛みを訴えてのご来院がありました。
17歳の女性、すでに整形外科受診をされ、レントゲン撮影を行い、肩・肘関節に問題が無いとのご診断を受けましたが、痛み止め処方を受けても改善が見られないとのことで、セカンドオピニオンを求められてのご来院でした。

 

同月に同部位を、整形外科と接骨院で重複して健康保険適用出来ないため、保険外施術での対応となりました。

 

肩関節・肘関節に対して、各種の徒手検査を行ったところ、たしかに肩関節炎や肘関節炎、肩峰下滑液包炎・腱板損傷・肩鎖関節炎、腕橈関節炎・橈尺関節炎などの症状は見当たりません。手関節や遠位橈尺関節も同様です。テニス肘と呼ばれる腱付着部の症状もありません。レントゲン画像診断の裏付けとはなりますが、これで原因は見えてきません。

 

症状が軽減しない場合、次回MRI撮影を行うとのお話があったとのことですが、正直なところ、何を疑ってMRI撮影を行うのか意図が見えません。

 

サーブのインパクトからフォロースルーでの痛みが強く現れるとの訴えと、動作の再現から、主動作を行う筋肉や腱の症状である疑いが強く、特に肘を伸ばし内側に引く、上腕三頭筋長頭という部分の筋部と腱に移行する部分に、挫傷と筋性防御と見られる痛みを伴う強張り部分が見つかりました。

 

この部分を中心に、筋と筋膜の強張りを解除し、無理のないストレッチで可動を促す施術を行い、二度の施術で症状を概ね回復、次週の試合に間に合わせることができました。

 

今回は整形外科受診後のご来院だったため、健康保険の適応を受けて頂けませんでしたが、受傷原因と日時が明確な症状でしたので、本来は健康保険適用で施術を受けて頂けるものです。

 

接骨院と整形外科、どちらが良いかということでは無く、先に当院にご来院頂ければ、徒手検査や超音波装置で状態を確認し、レントゲンなど画像診断が必要であるか判断が出来ます。

 

筋肉の明確な断裂や剥離骨折の疑いなど画像診断確認の必要があれば、整形外科へのご紹介状もご用意いたします。

 

迷われた場合は、はやかわ接骨院にご相談ください!

 

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka

肩の痛み

カテゴリ: 日々の施術


肩の痛みを訴えてのご来院の患者様は多くお見えです。

健康雑誌などで、肩関節の痛みに対する体操やサプリなどよく紹介されています。それらは各々でみれば、おこなって良いものであり、効果もあるものです。
ですが、行う時期を違えたり誤った症状に用いたりすると良い結果になりません。

 

肩の痛みには、肩関節自体の痛み・肩関節を安定させる機構の痛み・肩関節の滑動に関わる機構の痛み・肩関節を動かす筋肉の痛み・不活動で関節が固まり生じる痛み などが含まれます。

 

肩の痛みは、これらの要因が組み合わって、段階を追った変化をしながら進行していきます。

肩関節の位置関係の変化や明確な変形が原因であれば、画像診断でその像が示されます。関節を安定させる腱板の断裂はMRIで読み取ることが出来ます。
ですが、明確な画像上の変化が無くても、肩の痛みは起こります。

 

動きを滑らかにすることを謳うサプリを、肩関節固定の方が摂っても意味がありませんし、関節炎や滑液包炎が起こっている方が運動療法を無理に行うと悪化します。逆に、筋力低下による運動痛の方は安定安全に筋力トレーニングを行わなければなりません。

 

肩の痛みは、患者様ご自身でどの段階にあるか判断することは難しいのが現状です。はやかわ接骨院では、患者様の状態と段階にとって、どういった処置が必要化を判断し、それを確実に実施します。

肩の痛みに関するお悩みの方は、状態をご自分で判断なさらず、お気軽にはやかわ接骨院にご相談ください!

 

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka

浮き指・外反母趾・内反小趾などご相談ください

カテゴリ: 日々の施術

足の指が地面につかず浮いてしまう「浮き指」子供にも増えているとのことです。放置すると立ち姿勢での不安定化に繋がり、肩こりや腰痛だけでなく集中力の低下なども問題になります。

「浮き指」は子供だけでなく、当院にみえる様々な年代の方に見受けられます。
指に荷重がかからないことは 巻き爪の大きな原因となりますし、指が浮いて足の甲に負荷が集中することで、甲が横に潰れるように広がる「開張足」そして「外反母趾」「内反小趾」にも繋がります。
足のトラブルは、テーピングやインソール、トレーニングで改善します。足の痛みや違和感は、早めにご相談ください。

インソールを使って頂く場合、まずは価格と性能が高い次元で両立されている「ソルボセイン」DSISインソールをお勧めしています。
「内側縦アーチ」「外側縦アーチ」「中足部横アーチ」
足にある3つの土踏まずの低下を防ぎ、良い形で使うことで足内の筋肉をよく使えるようにしていきます。


https://www.sorbo-japan.com/products/products_list.html

 

競技力の向上を目的とする方には、完全オーダー「ジアクロ ボクサーインソール」のご紹介もしています。
ボクシングインソールのディファクトスタンダードとなり、プロテニス協会をスポンサードする超高性能インソールです。

足型計測データをもとに足部を最適化すること得られる足元の安定は、競技力の向上に直結します。

ボクシング・テニスに限らず、より上を目指すスポーツ競技者・愛好家の方にお勧めしています。

 

http://www.jiacro.com/item.html

腰椎分離症既往の患者様ですが・・・ 中川区 はやかわ接骨院

カテゴリ: その他

先日急性腰痛(ぎっくり腰)でご来院された患者様のカウンセリングを進めていると、腰椎分離症の既往症があることがわかりました。

学生時代に野球経験がありその頃腰痛に悩まされていたこと、画像診断にて腰椎分離症の診断を受けられたことを伺いました。

腰椎分離症は成長期に腰椎骨に負担の多い生活習慣の継続により、本来結合すべき腰椎骨の前後の構造が結合されない症状です。
体を支える構造としての強度が失われるため、腰痛の原因になります。
左右の連結が双方とも連結しない場合、背骨の配列が前方向に偏位する腰椎すべり症に至ることもあります。

ただ、この患者様の場合、普段は痛みを感じることなく過ごしていられたとのこと。分離症の痛みを誘発する検査を行ったところ陰性でした。

このように、以前レントゲンやCT・MRIなどの画像診断検査にて腰椎分離症や椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症などの診断を受けて見える患者様でも、ご来院時の主訴疼痛の原因をさぐっていくと、以前の診断症状が主な原因ではないケースが見受けられます。

今回は、腰椎分離部分で動作や姿勢をささえる構造が弱くなり、それを補強する深部筋への負担が増加。投球時の動作で筋攣縮が生じて一気に痛くなったものと判断し、深部筋を和らげる施術を行うことで短時間で回復して頂けました。

以前に椎間板ヘルニアや脊柱菅狭窄症、腰椎分離すべり症、前縦靭帯骨化症、後縦靭帯骨化症などの診断を受けた方も、痛みの原因すべてがその症状とは限りません。痛みに関わる原因は多岐にわたり、症状を和らげる術はいくつもあります。
痛みや辛さでお悩みの方、はやかわ接骨院にご相談ください!

 

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka

名古屋フリモ中川区版 7月号に掲載されました。

カテゴリ: その他

名古屋フリモ中川区版 7月号に掲載されました。 

 

「地域魅力再発見! 散策ガイド中島新町エリア」という企画で、今まで知らなかったお店や、何度か食事に行ったお店が掲載されていて、発見や気づきがあるこういう企画は楽しいですね!

交通事故! 任意保険には必ず加入を!

カテゴリ: その他

先日より、交通事故によるお体の回復と、補償手続きのお手伝いをしている患者様。

事故の加害者側が任意保険に加入していなかったことが発覚しました。

今回のお怪我は、幸い後遺障害を残す可能性はごく少ない症状ですんでいるため、車検と同時に加入する強制保険

「自動車賠償責任保険」の補償範囲を大きく超えずに、回復と補償をうけていただけそうですが

万が一、命に関わる怪我をされていたら、事故の加害者は刑事的責任・道義的な責任だけでなく、金銭的にも一生償い続けることになります。

任意保険は、文字通り「任意」です。加入しなくても自動車は運用することができます。

ですが、任意保険加入をせずにいることは、事故の当事者になる可能性への責任放棄に等しいものです。

自動車の安全装備は徐々に普及し、交通事故の発生件数は目に見えて減少しています。

それでもヒューマンエラーを補うテクノロジーには限界があり、現に事故は発生しています。

交通事故の当事者にはどなたもなり得ます。備えを欠かさないようにしてください。

PageTop