ブログ

肩の痛みの鑑別 中川区 はやかわ接骨院

カテゴリ: その他

症状の鑑別は、患者様の訴えや活動歴、年齢性別などから類推できる症状を、徒手検査の結果をもとに消去法で行っています。
今回自分の肩が悪くなったので興味深く鑑別していきました。

 

一ヶ月ほど前から右腕が痛くて挙げる動作が厳しく、仕事に差し支える寸前まで悪くなっていました。
腕で体重を支えて施術部位に圧をかける使い方は日常的に行いますし、休日にはボクシングジムでの練習。スタミナ面での課題に対しての練習で、動き続け腕を振り続けるように頑張っていましたが、加齢で低下した回復力を超える負荷になったようです。

 

自分の体に起こった症状は検証して仕事に生かさなければもったいない。主観で症状を鑑別できる機会は貴重で、面白いものでもあります。

 

肩関節は前に挙げても、横や後ろに挙げても痛いですが、関節内部で引っかかる感覚は無く、動作初期の独特の問題もみられないため腱板は除外。大きな外傷原因も無く、肩関節自体の炎症も無いと思われます。

 

痛みがある部位は、肩関節の主動作筋である三角筋です。腕を挙げ続けているのが明確につらく、時間経過で支えきれなくなります。動作自体にも強い痛みが生じます。
これが神経原因であれば筋力低下や筋の萎縮が起こるはずですが、そんな事は無くむしろパンパンに張っています。皮膚の感覚麻痺もありません。

 

腕の痛みの原因として言及されることの多い首での神経根圧迫症状ですが、頭を上に向け、右に傾げて骨間の神経通り道を狭くするも症状に変化はありません。
筋肉を動かす神経、感覚を司る神経どちらとも原因では無いようです。

 

最後に肩関節を後ろに伸ばすと触れることができる、肩峰下滑液包という潤滑装置の炎症があるか。若干の圧痛はあるものの、炎症を認めるほどではありません。ですが筋肉の緊張によって腕の骨が引き上げられ動作の遊びが少なくなっている可能性があり、今後炎症が現れるかもしれません。

 

ここまで検証して、今回の原因は三角筋それ自体。加齢で低下した回復量に対して負荷をかけすぎて起こった筋筋膜性疼痛であるようです。

 

これ以上の悪化は仕事を継続できなくなってしまうため、腕に負荷のかかる運動量を減らして回復を稼ぐことにしました。

 

結果として一月ほど運動量を減らし、体重は増えてしまいましたが肩の痛みは軽減しました。ランニングなどは継続していましたが体力持久力も大きく低下しているはずです。ここから再度、体を運動に適応させていく必要があります。今回も勉強になりました。

 

アスリートや日常的に運動をされている方々は練習量を減らすことを恐れてしまいがちです。
ですが怪我や体の痛みの原因によっては、その動作を休止して頂く必要もあります。

 

10代の旺盛な回復力があれば、原因動作を続けながら回復が間に合ってしまうこともありますが、年代が上がるに連れそれは難しくなっていきます。

痛みと付き合いながら運動を続けていくのか。状態を回復させて良いパフォーマンスを取り戻すのか。
はやかわ接骨院では患者様に状態をきちんと説明し、ご理解を頂いた上での選択をして頂けるよう、しっかりとした症状説明を心がけています。

 

スポーツ活動などでお体の痛みが生じてしまった方、酷くなる前にぜひはやかわ接骨院にご相談くださいね。

 

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka

交通事故被害患者様がしっかりと補償を受けていただけるように

カテゴリ: 交通事故施術

当院に交通事故被害で通院されていた患者様。 お体の調子は無事回復され、相手方保険会社と無事示談の運びとなりました。

 

はやかわ接骨院は交通事故被害によるお怪我などの回復だけでなく 補償に関する知識を深めるため、勉強会に定期的に参加しています。 事故被害に関する補償には知らないと受けられないものがあったり、提示補償額が実は最低水準であったり。 患者様が適切な補償を受けていただくための知識習得に努めています。

 

また、保険会社対応や後遺障害認定、示談提示に関する検証など、弁護士法人と提携することで、専門的なサポート体制も確立しています。

 

今回の示談に関しても、保険会社提示に対して専門的な検証を実施し低額に抑えられていた補償額を、本来被害者が受け取るべき、正当なものにすることができました。

 

交通事故に遭われた患者様には、まずお体が良くなって頂くことが重要です。 しかしながら、事故に伴って失われた時間や物品など、取り返しのつかないものも多々あります。 だからこそ、はやかわ接骨院にご来院された患者様には、十分な補償を受けていただけるように努力しています。

 

ご自身の、またご家族やお知り合いの交通事故被害でお困りの方 ぜひはやかわ接骨院にご相談ください。

はやかわ接骨院の施術に対する考え方、方針について

カテゴリ: その他

はやかわ接骨院では、痛みの解消だけではなく、原因の解決「根治」を目指しています。

痛みは不快な症状ではありますが、ケガや不調など問題の発生を知らせるための、警報装置としての重要な機能でもあります。

まず、痛みに気づいていただく。そして早く対処を行い、重大な結果へと進まないようにする必要があります。

 

そして、当初の「痛み」が軽減したときが、「根治」へのスタートになります。

警報である痛みが生じた根本原因である筋力や骨量の不足、不良姿勢や体の使い方の誤りなどを解決していく必要があります。

 

はやかわ接骨院では神業のようなことは行いませんし、僕は神の手なんてのも持っていません。

 

ですが、患者様のお体の痛みや不調に対して、解剖学・生理学・運動学的に行うべき適切な方針を提案し、実施することができます。

これは自分自身も多くの体の痛みや怪我を経験しており、その回復過程を検証材料として実践的に確立したものです。

 

当たり前になすべきことを、当たり前に行う、そして当たり前に患者様に回復していただく。それがはやかわ接骨院の施術のあり方だと考えています。

 

お体に関する悩み事がありましたら、お気軽にご相談くださいね!

 

名古屋市中川区東中島町5-139

はやかわ接骨院

電話(052)369-1850

LINE ID:@380satka

気候の変化で体に起こる事 中川区 はやかわ接骨院

カテゴリ: その他

今週は急に寒くなり、お体の症状が悪化してのご来院が増えています。 先週まで汗ばむ陽気でしたのでいきなり冬の気温に変化したのは堪えますね。

 

気候の変化の際は、気温だけでなく、気圧や湿度などにも大きな変化が起こり、それは体の状態を一定に保つように働く、自律神経系にも負荷をかけることになります。

 

自律神経に掛かる負荷は、時に生命を脅かす状態と判断され、戦闘モードである「交感神経優位」の状態になってしまいます。 末梢の血流が低下し、緊張状態になり、回復より生き残ることを重視した状態に切り替わります。この状態では痛みや怪我などからの回復は望めません。 気候の変化で痛みが増したり、気分が悪くなることがありますが、これは気のせいではありません。

 

これから続く季節の変化。これは毎日続く体への負荷になります。真冬になれば外気の寒さと暖房された室内の温度差も体に加わる負荷となります。 また、お体は寒さに晒されると、体温を保つため筋肉を緊張させ発熱させる必要に迫られます。この状況にあるだけで消耗が進んでいきます。

 

回復を図るためには、体にとって心地よい状態を作り、回復モードである「副交感神経優位」な状態に誘導する必要があります。 施術を行うことで筋肉の緊張を緩め、血流を増し、リラックスすることで眠くなり、胃腸の働きも活発になります。併せて免疫系の働きも増すと言われています。良いことばかりなんですね!

 

これからは体に堪える気候変化が続きます。不調に気づかれた際はお早めに教えて頂き、心身ともに穏やかにお過ごしくださいね!

 

名古屋市中川区東中島町5-139 はやかわ接骨院

電話(052)369-1850

LINE ID:@380satka

 

クリスマス衣装に

カテゴリ: 日々の出来事

ハロウィンが終わっても暖かすぎてクリスマス気分にならなかったんですが、今朝は少し冷えたのでこの機会にマスコットたちにクリスマス衣装を着せました。


この雨の後は冷え込んでくるようですね。皆様お体にはどうかお気をつけて!

ご予約のご案内 中川区 はやかわ接骨院

カテゴリ: 日々の出来事


ご予約のご案内 中川区 はやかわ接骨院

 

令和5年10月末では、金曜午前が狙い目です!

はやかわ接骨院は、ご予約の患者様を優先しての施術を行っています。


完全予約制ではありませんが、ご予約枠が埋まっている時間帯にご来院いただいても結果的に施術を受けていただけない場合もあるため、患者様には事前のご予約をお願いしています。

 

令和5年10月末時点、ご希望日のどこかには空きがある状況です。お早めのご予約をいただけますと、ご希望時間に近い枠で取っていただけるかと思います。

 

曜日ごとですと、水曜午前は混み合っている事が多いです。逆に金曜午前は空き枠が十分にある状況です。
土曜の午前午後・日曜午前は事前のご予約をお勧めしています。

 

ご予約はお電話もしくはLINE(ID:@380satka)でお受けしています。

当日のご予約はお電話が確実です。前日やお急ぎでない場合、日時変更などはLINEで気軽にお知らせください!

 

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka
 

若い運動選手の回復力は驚異的ではありますが…

カテゴリ: 外傷の施術

若い運動選手の回復力は驚異的ではありますが…

猛練習で苦しい状況を乗り越えた経験は、絶対に実戦での助けとなります。
ですが、いたずらに負荷を重ねる練習で選手がオーバーワークに陥っては意味がありません。

 

先日サッカーのゴールキーパーをしている中学生の運動選手の、人差し指のお怪我を診せていただきました。

強いシュートに指一本を弾かれて、手のひらに近い指関節を強く反らされての受傷「近位指節間関節過伸展損傷」でした。

 

負荷を受けたベクトルに沿っての靭帯部の痛みと内出血があるものの、骨折特有の激痛・手全体に及ぶような腫れはなく、靭帯の機能も温存されていたことより固定の実施と、連日の施術・微弱電流通電を受けることをご本人と親御様にご説明しました。

 

機能回復まで3週を想定しましたが、実際は10日で復帰。
練習は継続しながらも、指にかかる負荷を徹底して取り除き、継続して状態の管理をできたことで、最短での症状回復を導くことができました。

 

10代運動選手の回復力の速さに驚かされることも多いですが、反面適切な回復のための休暇を取ることができず、痛みがあるにも関わらず練習を休むことが許されず壊される事があるのも事実です。

 

旺盛な回復力がありながら、それを上回る負荷をかけ続け休むことが許されない状況を作っている。これは管理に当たっている大人の責任です。
今回の指の怪我はアクシデントですのでその範疇には入りませんが。

 

最近ではより効率的な練習を行い、選手の体調管理を実施しているクラブチームや学校の競技成績が、そうでないところを大きく凌ぐ例が多数見受けられるようになりました。

 

指導者の方は自身の成功体験にとらわれず、心身の耐久力がそれぞれ異なる若年選手の育成にあたり見識を広め、新しい考え方を取り入れていくことが、自分自身も含め絶対に必要であると考えています。

 

痛い辛いを隠させず、申告に対してどのように対応すべきか判断できるよう知識を深めていく。当院でもそれを継続しています。

 

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka

10月に入ったら急に冷え込むようになりましたね!

カテゴリ: その他

10月に入ったら急に冷え込むようになりましたね!


ようやく暑さも去ったので、当院マスコットたちの秋のコスプレ始めました。

プロボクサー 村上勝也選手の日本タイトル挑戦が決まりました!

カテゴリ: その他

当院もアスリート向けインソールの提供など、応援させて頂いているプロボクサー 村上勝也選手の日本タイトル挑戦が決まりました!

 

11月4日 東京 後楽園ホールで開催される試合のメインイベントで、日本フライ級チャンピオン 飯村樹輝弥 選手に挑みます。

 

いつもなら東京まで当日土曜の午後にお休みを頂いて応援に向かうところですが、当月は前々日・前日と連休明けでお休みにするわけにいかず、残念ながらU-NEXTでの中継で応援となってしまいそうです・・・

変形性膝関節症に対してラジオ波による神経凝固治療が保険適用になりました

カテゴリ: その他

変形性膝関節症に対してラジオ波による神経凝固治療が保険適用になりました。


でも、それを使わなければならない状態になる前に、食い止めるほうが大事です!

 

変形からくる膝の痛み、変形性膝関節症は、腫れが強く関節に水が溜まっている場合注射で水を抜き、消炎鎮痛剤と潤滑液を入れる治療が有効です。

 

ラジオ波で神経細胞のタンパク質を凝固させて痛み信号の伝達を止める方法も、新たに健康保険適用になったと報道がされました。

 

どちらも痛みに苦しむ患者様の救いになる治療法ですし、ラジオ波による治療機も、1年から2年の間症状を抑える新たな選択肢として保険適用が受けられることになったのは朗報です。

 

ですが、中には対症療法として延々と注射を受け続けている方が見えます。消炎鎮痛剤で症状を抑えても回復に必要な使い方指導や筋力の改善が伴わなければ、時間経過で状態はより悪い方向へ向かいます。

 

症状を抑えることは大事ですが、それ以上に症状が起こらない状態に近づける事のほうが大事です。

 

膝関節の痛みは、個々人の膝周囲の総合力で現れるものと考えます。

変形が少なくても強い痛みを訴える方、変形が進行していても不自由なく使える方。様々な症例で、その方の足りない部分、筋力であったり使い方に対する意識であったり、過ぎた不安感であったり。そういったものを改善することで状態は良い方向へ向かいます。コンディションを痛みが出ない合格点まで持ち上げる感覚です。

 

膝の痛みは、患者様ご自身でどの段階にあるか判断することは難しいため、はやかわ接骨院では、患者様の状態と段階にとって、どういった処置が必要かを判断し、その状態に適した処置や運動療法を提案しています。

 

本来なら改善するはずの膝の痛みを、正しくない対応を続けて抱え続けるのは不幸です。

膝の痛みに対して、何をすればいいのか、何をしないほうがいいのかなど、お困りのことがありましたら、諦めずにはやかわ接骨院にご相談ください!

 

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka
 

PageTop