ブログ

はやかわ接骨院の施術方針について

カテゴリ: 日々の施術

はやかわ接骨院では、痛みの解消だけではなく、原因の解決「根治」を目指しています。

痛みは不快な症状ではありますが、ケガや不調など問題の発生を知らせるための、警報装置としての重要な機能でもあります。
まず、痛みに気づいていただく。そして早く対処を行い、重大な結果へと進まないようにする必要があります。

そして、当初の「痛み」が軽減したときが、「根治」へのスタートになります。
警報である痛みが生じた根本原因である筋力や骨量の不足、不良姿勢や体の使い方の誤りなどを解決していく必要があります。

はやかわ接骨院では神業のようなことは行いませんし、僕は神の手なんてのも持っていません。


ですが、患者様のお体の痛みや不調に対して、解剖学・生理学・運動学的に行うべき適切な方針を提案し、実施することができます。

当たり前になすべきことを、当たり前に行う、そして当たり前に患者様に回復していただく。それがはやかわ接骨院のあり方です。

お体に関する悩み事がありましたら、お気軽にご相談くださいね!


名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka

腰のコルセットに膝のサポーター。使い続けると筋力が落ちるって本当?

カテゴリ: 日々の施術

腰のコルセットに膝のサポーター。使い続けると筋力が落ちるって本当? 中川区 はやかわ接骨院

ぎっくり腰とよばれる急性腰痛、立ち上がりなどの日常生活動作でのつらい膝の痛み。どちらもはやかわ接骨院でご相談を受ける症状のうち多くを占めています。

そういった患者様が時々、「痛くてもサポーターをしていると筋力が落ちるから止めている」と仰ることがあります。

果たして、それは本当なのか、間違いなのか。

結論は、サポーターなどを使い続けても問題ありません!

はやかわ接骨院では、痛みが強いときはもちろんですが、症状改善後の筋力強化時や、その後の良好な状態を維持する段階でも、コルセットやサポーターの着用をお勧めしています。

なぜならサポーターは文字通り支えとなり体の機能を補うため、身体を壊す過ぎた荷重を受け止めてくれるから。筋肉や関節には適切な負荷が加わっているため、筋力が落ちることはありません。

はやかわ接骨院では、腰痛や膝痛などに対して根治を目指す施術を行っています。
変形が進んでいても、水が溜まっていても、こわばっていても、出来る施術があり、運動方法があります。積み重ねていけばきっと状態は良くなります!

腰・膝などお体の痛みでお困りの方、ぜひご相談ください!


名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka

中川フリモ6月号に掲載されました

カテゴリ: その他

5月27日より配布される、中川フリモ6月号のヘルスケアガイドにはやかわ接骨院が掲載されました。

接骨院や鍼灸院、整形外科などの特徴やかかり方が簡潔に紹介されています。

中川区の各家庭に配布されます。ほかにも地下鉄やあおなみ線駅など各所で配布されますので

ぜひご覧ください!

お怪我は早めの対応で、回復も格段に早くなります!

カテゴリ: 外傷の施術

足関節捻挫捻挫 症状終了!中川区 はやかわ接骨院
早めの対応で、回復も格段に早くなります!

先日、足首の捻挫をされた患者様が来院されました。

日曜に空いている当院を探してご来院いただけたようで、休日受付をしていてよかったと思える点です。

お怪我翌日のご来院ですでに強い腫れが現れていましたが、本人からお聞きした怪我の状況と痛みある部分の状態より骨折は無いと判断。

10代の方は骨の末端にある成長部分を傷つける場合があるため、状態が悪い場合は超音波画像診断装置を使用します。

その時点では内出血はありませんでしたが、痛みの強さと腫れの現れ方から、靭帯が部分的にほつれる「2度捻挫」であると判断しました。

はやかわ接骨院では、外傷の施術に際し圧迫・冷却に加えて微弱電流治療器を使用します。

早い段階から継続して使用することで、回復に必要な環境を整え治癒を促進します。

患部をパッドで圧迫し、テーピング固定。当初は連日の来院をして頂き、炎症の強い初期症状を早く終わらせるようにします。

初期の炎症が改善した後は、一日おきに微弱電流通電と固定の交換を行い、当初3週を予定していた施療期間を半分に短縮することができました。

靭帯損傷部分が押さえても痛くなくなった段階で、修復されたと判断し、再受傷を避けるためのテープを施した上で運動復帰。

スポーツでのお怪我など、早めに対応を始めることで、早めの運動復帰を図ることができます。

お怪我の際は、ぜひはやかわ接骨院にご相談ください!

はやかわ接骨院の巻爪整復 安いけど大丈夫なの?

カテゴリ: その他

はやかわ接骨院では、巻爪で悩む患者様に整復技術の提供を行っています。

巻爪の症状が進み、皮膚への食い込みが起こるとその痛みだけでなく、傷ついた皮膚から感染症がおこり、ひどい炎症と痛みを生じさせることがあります。

はやかわ接骨院では、そのような状態になる前に早期施術をお勧めしています。防ぎうる症状は早めに対処して、無駄に痛い思いをする必要はありません。

はやかわ接骨院の巻爪整復は非常に安価ですが、それには訳があります。
第一は、独自の技術なので、開発元などへのロイヤリティが無いから。

第二に、一般的な素材から装具などを制作しているため、素材単価を安く抑えられるから。

第三に、本当に困っている方が、我慢せず継続できる価格で提供したいから。

巻爪の矯正は病院でも健康保険適用外で、非常に高額な技術料が設定されていることが多いようです。
事実、そのことがネックで継続を諦めてしまう方も見えます。

痛くて困っているのに、諦めてしまうのは悲しいことです。
はやかわ接骨院は、どなたにも良くなっていただける技術を、どなたにもお届けしたいと思っています。

巻爪でお困りの方、諦めずにご相談くださいね!

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka
https://hayakawasekkotsuin.wixsite.com/makidumeseifuku

はやかわ接骨院の新型コロナウイルス感染症対策について

カテゴリ: その他

全国的に新型コロナウイルス感染症第四波の拡大傾向が増し、愛知県も緊急事態宣言対象地域となりました。
はやかわ接骨院では引き続き、最大限の予防措置を継続しております。

はやかわ接骨院では、院内の空間ウイルス対策に安全性の高い安定化二酸化塩素を使用しています。

また、予約施療にて患者様の集中を避け、法で義務付けられた換気装置にて常時換気を行うことで、密集・密閉状態とならないよう対策を行っています。

患者様施術に際してはマスクの着用、手指・施術器具・施術ベッドの洗浄消毒を患者様ごとに徹底することで接触リスクへの対策を行っています。

患者様が手を触れる扉のノブ部分や引き戸部分などは抗ウイルス処置を行い、適宜アルコール消毒を実施しています。

従業員の体調管理・検温を強化しています。

上記対策を引き続き徹底したうえで、施療の受付け・ご予約を行っています。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

はやかわ接骨院
TEL:052-369-1850
LINE ID:@380satka

交通事故被害の患者様 納得の示談に貢献できました! 中川区 はやかわ接骨院

カテゴリ: 交通事故施術

交通事故被害の患者様 納得の示談に貢献できました! 中川区 はやかわ接骨院

 

当院に交通事故被害で通院されていた患者様。
お体の調子は無事回復され、相手方保険会社と無事示談の運びとなりました。

はやかわ接骨院は交通事故被害によるお怪我などの回復だけでなく
補償に関する知識を深めるため、勉強会に定期的に参加しています。

事故被害に関する補償には知らないと受けられないものがあったり、提示補償額が実は最低水準であったり。

患者様が適切な保障を受けていただくための知識習得に努めています。

また、保険会社対応や後遺障害認定、示談補償提示に関する検証など、弁護士法人と提携することで、専門的なサポート体制も確立しています。

今回の示談に関しても、保険会社提示に対して専門的な検証を実施し低額に抑えられていた補償額を、本来被害者が受け取るべき、正当なものにすることができました。

交通事故に遭われた患者様には、まずお体が良くなって頂くことが重要です。
しかしながら、事故に伴って失われた時間や物品など、取り返しのつかないものも多々あります。
だからこそ、はやかわ接骨院にご来院された患者様には、十分な補償を受けていただけるように努力しています。

ご自身の、またご家族やお知り合いの交通事故被害でお困りの方
ぜひはやかわ接骨院にご相談ください。

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka
 

なんで僕が接骨院で介護保険運動型サービスを始めたのか 中川区 はやかわ接骨院

カテゴリ: その他

 

はやかわ接骨院では、介護保険を使用して
お体を元気に保って頂くための「運動型通所サービス」

「ころばない運動教室 東中島」を併設しています

65歳以上の皆様が、これからの人生を元気に過ごして頂くように
正しい運動習慣を提供しています!

幾つかのハードルを超えて、令和2年7月にこの施設を開設しました。
どうしても、この地域でご縁のあった方たちのお役に立ちたい思いがありました。

はやかわ接骨院の開院当初から、通院をしてくれていた患者様が見えました。
当時70代で、グラウンドゴルフを大変頑張っていて、お怪我や不調ごとに当院にお越しでした。

時は経ちその方も80代になり、足腰に若干の衰えが感じられるようになりました。
それでも日々のグラウンドゴルフは継続されていたし、ご本人も自分は歩いているから大丈夫だと仰っていました。

当時の僕は無知で、ご本人の仰る「運動」の量と質を見誤っていて、運動されているのなら大丈夫だろうと考えていました。
ご高齢になっても元気な生活を続けるには、歩くだけでは足りない。体を支える力を維持するには鍛えなければならないことに気づいていませんでした。

結果的にお体の衰えを食い止められず、その方は今、施設に入居されています。

当時僕がもう少し学んでいて、必要な運動と機会を提示できていたら。もしかすると今でも元気でいてもらえたかもしれない。

この施設は悔いと罪滅ぼしの気持ちから動き始めましたが、今は地域の皆様のお役に立てていると実感しています!


目標は

自分のことは何でもできる
行きたいところへ自分で歩いていける
イキイキ元気な100歳!

お体に無理なく、正しいトレーニングで体力・筋力アップ!
下半身中心で、転ばず、歩き続けられる、良い姿勢のための運動を行います。
接骨院併設なので、お体の状態にも配慮できて安心。
筋力トレーニング時にはマンツーマンとなるように実施。
ボクササイズの機材を用意していますので、楽しく全身運動もできます。

転倒や寝たきりのない毎日のため、始めてみませんか?

介護予防・日常生活支援総合事業「運動型通所サービス」
ころばない運動教室 東中島(はやかわ接骨院 併設)

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka
 

40肩 50肩「肩関節周囲炎」痛くても動かさないといけないの? 中川区 はやかわ接骨院

カテゴリ: その他


40肩 50肩「肩関節周囲炎」痛くても動かさないといけないの? 中川区 はやかわ接骨院

 

40代前後に現れることの多い、肩関節の痛み。 「40肩」「50肩」は通称で、40代前後から現れる肩関節とその周囲の痛みを総称しています。

 

「痛くても動かさないと症状が悪化する」と体操教室やリハビリなどで言われ、結果的に無理を重ねて悪化させ、当院にご来院されるケースがあります。


果たして痛い肩は動かすべきなのか、そうでないのか。

 

結論は、症状の段階により痛み方と原因が違うため、動かしてはいけない場合と動かさなければいけない場合、それぞれがあります。

 

・炎症のため痛みが強ければ安静を保つ。場合により固定する。
・炎症が治まればできる範囲で、痛みを避けつつ日常生活運動。
・平常時痛みが治まり、動きに制限があれば積極的に動かして可動域回復。

はやかわ接骨院では、症状の段階を明確に判断してから、それぞれの状態に適した施術を行っています。

経過や原因はそれぞれ異なるため安易な判断せず、専門家にご相談ください!
 
最近、「ファシア」として筋膜とその連結、癒着やこわばりによる動きの悪化が一般にも知られるようになってきました。
関節は動かさないと、周囲の健や靭帯、筋膜など軟部組織のしなやかさが失われて動く範囲が狭くなっていきます。それは正解です。


ですが、その一面のみが原因ではありません。

痛みが「肩関節炎」肩関節を繋ぎ止める靭帯「腱板炎」や、肩甲骨と腕の骨の間にあるクッション「肩峰下滑液包炎」などである場合、動かすことで炎症が増すため、症状を悪化させて回復を遅らせてしまいます。

 

はやかわ接骨院では、肩の痛みの原因を明確に判断してから、それぞれの状態に適した施術を行っています。
また、肩関節をつなぐ靭帯「腱板」損傷の場合、損傷程度を徒手検査にて読み取り、緩みが大きく断裂が疑われる場合は外科紹介をいたします。

 

早期回復や予防など、体の痛みの専門家、中川区のはやかわ接骨院にご相談ください!

 

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka
 

ぎっくり腰、冷やすべきか温めるべきか 中川区 はやかわ接骨院

カテゴリ: 日々の施術

急性腰痛、いわゆるぎっくり腰の患者様から時々聞かれるの質問。
「ぎっくり腰」は冷やしたほうがいいのか、温めたほうがいいのか。

結論は、「ケースバイケース」

・痛みの原因の多くは、筋肉・筋膜への急激な負担による「ほつれ」と、それを守る過度の緊張「筋性防御」

・筋肉・筋膜の過度の緊張が原因の場合、温めて血液循環を増し、緩む環境を作る必要がある。

・筋肉・筋膜の大きな肉離れや、背骨の関節炎では炎症を抑えるため冷やす場合もある。

経過や原因はそれぞれ異なるため安易な判断せず、専門家にご相談ください!
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など既往症がある場合も、神経に原因があるかを判断し
有効な施術をご提案します。


はやかわ接骨院で最も多く拝見する急性腰痛「ぎっくり腰」は、背骨を支える「脊柱起立筋群」に
前かがみなどで負担が加わり、急激な緊張が生じた症状です。

この場合、冷やすことはありません。温めることで緊張の緩和をはかります。

はやかわ接骨院では、痛みが強くて手技が行えない場合でも、「超音波治療器」を用いて
筋肉筋膜表面から深部まで筋弛緩する環境をつくっていきます。

急性腰痛「ぎっくり腰」は、温めるか冷やすかも含め、正確な判断と処置で早期回復します。
早期回復や予防など、体の痛みの専門家、中川区のはやかわ接骨院にご相談ください!

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINEID:@380satka

 

院長メッセージ

受付時間

 
午前 -
午後 --

【月曜~土曜】 木曜を除く
午前8:30~午後12:00
午後3:00~午後 8 :00
【日曜】
午前8:30~午後12:00

【定休日】
木曜・日曜午後・祝日

所在地

〒454-0866
愛知県名古屋市中川区
東中島町5-139

052-369-1850

お問合せ・アクセス・地図

PageTop