40肩 50肩「肩関節周囲炎」痛くても動かさないといけないの? 中川区 はやかわ接骨院

カテゴリ: その他


40肩 50肩「肩関節周囲炎」痛くても動かさないといけないの? 中川区 はやかわ接骨院

 

40代前後に現れることの多い、肩関節の痛み。 「40肩」「50肩」は通称で、40代前後から現れる肩関節とその周囲の痛みを総称しています。

 

「痛くても動かさないと症状が悪化する」と体操教室やリハビリなどで言われ、結果的に無理を重ねて悪化させ、当院にご来院されるケースがあります。


果たして痛い肩は動かすべきなのか、そうでないのか。

 

結論は、症状の段階により痛み方と原因が違うため、動かしてはいけない場合と動かさなければいけない場合、それぞれがあります。

 

・炎症のため痛みが強ければ安静を保つ。場合により固定する。
・炎症が治まればできる範囲で、痛みを避けつつ日常生活運動。
・平常時痛みが治まり、動きに制限があれば積極的に動かして可動域回復。

はやかわ接骨院では、症状の段階を明確に判断してから、それぞれの状態に適した施術を行っています。

経過や原因はそれぞれ異なるため安易な判断せず、専門家にご相談ください!
 
最近、「ファシア」として筋膜とその連結、癒着やこわばりによる動きの悪化が一般にも知られるようになってきました。
関節は動かさないと、周囲の健や靭帯、筋膜など軟部組織のしなやかさが失われて動く範囲が狭くなっていきます。それは正解です。


ですが、その一面のみが原因ではありません。

痛みが「肩関節炎」肩関節を繋ぎ止める靭帯「腱板炎」や、肩甲骨と腕の骨の間にあるクッション「肩峰下滑液包炎」などである場合、動かすことで炎症が増すため、症状を悪化させて回復を遅らせてしまいます。

 

はやかわ接骨院では、肩の痛みの原因を明確に判断してから、それぞれの状態に適した施術を行っています。
また、肩関節をつなぐ靭帯「腱板」損傷の場合、損傷程度を徒手検査にて読み取り、緩みが大きく断裂が疑われる場合は外科紹介をいたします。

 

早期回復や予防など、体の痛みの専門家、中川区のはやかわ接骨院にご相談ください!

 

名古屋市中川区東中島町5-139
はやかわ接骨院
電話(052)369-1850
LINE ID:@380satka
 

院長メッセージ

受付時間

 
午前 -
午後 --

【月曜~土曜】 木曜を除く
午前8:30~午後12:00
午後3:00~午後 8 :00
【日曜】
午前8:30~午後12:00

【定休日】
木曜・日曜午後・祝日

所在地

〒454-0866
愛知県名古屋市中川区
東中島町5-139

052-369-1850

お問合せ・アクセス・地図

PageTop