寒くなると古傷が痛むけど・・・

カテゴリ: 交通事故施術

朝方や夜を中心に、段々と寒くなってきてしまいました。

はやかわ接骨院にも、冷えや血行不良も原因となる首や肩の痛み、こむら返りの症状を示す患者様が現れてきています。

 

また、この時期になると、以前の交通事故を含め、捻挫や骨折などの怪我や、手術後の縫合痕に痛みや違和感を訴える患者様も見えます。

 

冷えると古傷が痛む。気候が変わると古傷が痛む。これは気のせいではなく、訳があってのことです。

古傷の部分には、痛みを感じるセンサー(ポリモーダル受容器/自由神経終末)が、敏感な状態で残っています。

体が冷えに晒されると、その部分から熱を逃さないよう血管が収縮し、血液による酸素や栄養の補給が滞ることになり

酸欠や栄養不足によって作られる物質がセンサーに捉えられ、痛みとして脳に報告されてしまいます。

また、気候変化は気圧の変化を伴うため、低気圧による血液内酸素濃度を減じ、そのことでも痛みが生じるようです。

 

はやかわ接骨院では急性のお怪我を扱う場合、炎症を最小限にとどめて、痛みが長く続かないための処置を心がけています。

痛みが残存してしまった場合には微弱電流治療器や超音波治療器、適切な手技など、それを改善し解消する方法を選択、施術を実施しています。

 

慢性的に続いている痛みも、自由診療による適切な施術で解消に向けることが出来ます。

長く続く痛みに悩まされている方、一度はやかわ接骨院にご相談ください!

 

院長メッセージ

受付時間

 
午前 -
午後 --

【月曜~土曜】 木曜を除く
午前8:30~午後12:00
午後3:00~午後 8 :00
【日曜】
午前8:30~午後12:00

【定休日】
木曜・日曜午後・祝日

所在地

〒454-0866
愛知県名古屋市中川区
東中島町5-139

052-369-1850

お問合せ・アクセス・地図

お役立ちリンク

  • 接骨院・整骨院ドットエキスパート

PageTop